CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 24/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
コンプライアンス部門コンプライアンス部門環境省産業廃棄物課長賞CSR報告書の発行と第三者委員会の開催取り組み概要Project Summary当社のCSR報告書は、企画会社等は利用せずに社員の手で、コンプライアンスや環境....

コンプライアンス部門コンプライアンス部門環境省産業廃棄物課長賞CSR報告書の発行と第三者委員会の開催取り組み概要Project Summary当社のCSR報告書は、企画会社等は利用せずに社員の手で、コンプライアンスや環境活動等の基本情報以外に、取引先や社員のコメント、苦情事故など、リヴァックスのありのままの姿をわかりやすく伝えるように作成しています。2007年より(当時は規格化の途中であった)ISO26000の中核課題である7項目(組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティへの参画及びコミュニティの発展)に沿う内容で編集しています。また、排出事業者である産業界をはじめ、弁護士・学識者・労働者等の各ステークホルダーで構成される第三者委員会(ステークホルダーとの対話の場)を年に1回開催しています。委員の方々からいただく指摘やアドバイスを取り入れ、継続的な改善を行なっています。取り組み概要図Project Diagram▲CSR報告書▲第三者委員会(2012年開催)取り組みによる効果Project Outcome取り組み費用約200万円/年取り組み期間継続中-22-公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013