CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 37/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている37ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
東洋電化工業株式会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容東洋電化工業株式会社入交英太高知県高知市萩町二丁目2番25号設立資本金大正8年4月3億円ご当地CSR活動部門コンプライアンス....

東洋電化工業株式会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容東洋電化工業株式会社入交英太高知県高知市萩町二丁目2番25号設立資本金大正8年4月3億円ご当地CSR活動部門コンプライアンス部門特殊合金鉄、カーバイド、リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、などの製造販売、産業廃棄物処理業担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯弊社では、弊社を取り巻く環境問題に対して、ISO14001を導入し、会社方針として全員参加でこの問題に取り組むことになりました。プロジェクトの推進には、新たに組織されたISO推進室が中心となり、認証取得に向けた取組→認証取得・登録→環境マネジメントシステムの継続的な運用・改善に着手しました。波及効果・メリット環境問題には社員も意識して取り組んでいましたが、全社的に組織されたものではなく、個別の取り組みになっていました。しかし、会社方針として全員参加で取り組むことで、全員が問題点を共有し、改善目標を立て、継続的に取り組むこと(環境マネジメントシステムの継続的改善)で、取組状況が目に見え、改善結果が数字で表せるようになり、環境問題に対する取り組みを実感できるようになりました。また、産業廃棄物はマイナスイメージがありましたが、この取り組みと共に社員の意識も廃棄物から資源へと変化してきました。特に、社内発生廃棄物の一部を副原料として有効利用(リサイクル・商品化)することで、廃棄物の発生抑制と処理費用削減に貢献しています。感想・今後の取り組み環境問題は、地球の温暖化問題、原発問題、会社の生産活動より発生など多岐に渡りますが、全員参加でこの取組(環境マネジメントシステムの継続的改善)を今後も継続することで、環境影響の低減に努めていこうと考えています。社員の環境問題に対する意識も、この取組以前に比べ格段に向上してきています。また、産業廃棄物処理の面では、法令順守と適正処理に努め、産業廃棄物をリサイクル・商品化するとともに、社内の廃棄物についても発生ゼロを目標に、さらなる有効利用を検討しています。環境貢献部門社会貢献部門地域貢献部門ステークホルダーとの共同実施部門ぴりり部門人づくり部門公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013-35-