CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 44/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている44ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
社会貢献部門社会貢献部門全国青年部協議会会長賞第1回大阪マラソン~OSAKA MARATHON 2011~取り組み概要Project Summary平成23年10月30日から始まった大阪マラソンの開催に伴って、給水所から排出されるペットボト....

社会貢献部門社会貢献部門全国青年部協議会会長賞第1回大阪マラソン~OSAKA MARATHON 2011~取り組み概要Project Summary平成23年10月30日から始まった大阪マラソンの開催に伴って、給水所から排出されるペットボトル(ランナーへ配るスポーツドリンク)と沿道テープを回収して処分する作業について、マラソン実行委員会から協力の要請があった。給水所からのペットボトルの回収はコースを数ブロックに分け、それぞれのブロックに会員企業一社ずつに担当してもらい、沿道テープはスタッフの方々に予め撤去して何カ所かに固めておいてもらい、二社の会員企業に回収していただいた。本会は、本大会を産業廃棄物の不適正処理を防止するための啓発活動を行える絶好のチャンスととらえ、適正処理を啓発する文言を記載した横断幕を作成し、協力企業には車両に貼り付けて走行してもらうなど積極的に活動をした。取り組み概要図Project Diagramマラソンに伴い排出される廃棄物の処理計画の企画・立案マラソン実行委員会廃棄物処理協力依頼廃棄物処理委託契約マニフェスト交付廃棄物の回収、処分公益社団法人大阪府産業廃棄物協会協力企業実行委員会と協力企業の間の連絡調整協力企業の募集協会会員企業協力企業として申出取り組みによる効果Project Outcome取り組み費用0万円取り組み期間第1回大阪マラソン(平成23年10月30日開催)より毎回協力-42-公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013