CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 45/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている45ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
公益社団法人大阪府産業廃棄物協会企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容公益社団法人大阪府産業廃棄物協会國中賢吉担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯設立資本金マラソン開催に....

公益社団法人大阪府産業廃棄物協会企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容公益社団法人大阪府産業廃棄物協会國中賢吉担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯設立資本金マラソン開催に伴い、排出される産業廃棄物(ペットボトル、沿道テープ等)の処分の協力を依頼されたため。過去2回(第1回:平成23年10月30日、第2回目:平成24年11月25日)協力をした。波及効果・メリット大阪マラソン大会の開催に伴い大量の産業廃棄物が排出されるが、これら産業廃棄物が適正に処理されることで、大会が成功したものといえるだろう。過去2回、今年度も第3回目が開催されるように本大会が続いてきたのも、廃棄物の適正処理がなされた効果の一つではないだろうか。感想・今後の取り組み平成25年4月0万円大阪府大阪市中央区農人橋1-1-22大江ビル3階産業廃棄物処理業界の公益法人。産業廃棄物の適正処理及び再生利用等に関する調査研究、書籍等の発刊、各種講習会の主催・運営等地域活性化にもつながる大阪マラソンというインパクトのある事業に関われることは、大阪という地域で事業を営んでいる我々にとって社会貢献の意味からも非常に意義深いことだと考えている。今年は10月27日に開催されることとなっており、引き続き全面的な協力をする予定である。今後も、積極的に関わっていきたいと考えている。また、本会は公益社団法人として産業廃棄物の不適正処理防止を啓発する活動には、更に力を入れていくこととしており、このような事業への協力には力を入れていくこととしている。ご当地CSR活動部門コンプライアンス部門環境貢献部門社会貢献部門地域貢献部門ステークホルダーとの共同実施部門ぴりり部門人づくり部門公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013-43-