CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 47/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている47ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
浜田化学株式会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容浜田化学株式会社岡野喜市兵庫県尼崎市東海岸町1-4設立資本金1970年6月5,000万円ご当地CSR活動部門コンプライアンス部門廃食用油....

浜田化学株式会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容浜田化学株式会社岡野喜市兵庫県尼崎市東海岸町1-4設立資本金1970年6月5,000万円ご当地CSR活動部門コンプライアンス部門廃食用油リサイクル(産業廃棄物収集運搬及び処分)、油脂製造業、廃棄物処理コーディネート担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯『町のおっちゃん、子供たちと一緒に楽しく出来たらええなあ。』弊社では平成11年より家庭系廃食用油のボランティア回収を行ってましたが、自社だけのボランティア活動ではなく、地域のもっと役に立つ形に発展させたいと考えていました。そして、いろんな団体、ヒトとの出会いがあり、文頭に書いた願いが少しずつですが形になってきました。波及効果・メリット岡野嘉市とにかく、いろんな人と出会うこととなりました。地域の自治会で活躍されているおじいさん、おばあさんから、4歳の子供から大学生、町の新聞屋さん、カフェのオーナー、区長さんなど幅広い方々との交流が生まれました。活動の効果は、環境のことや地域の発展を多くのひとが考えるきっかけとなっていることと年齢や職業・立場の垣根を越えて参加する人が増え活性化していることです。また、弊社での効果は、活動を地域の方々と行うことで、あらためて企業は社会の必要の中でしか存在しないということを社員が気付き始めたことです。感想・今後の取り組み『エコでつながる西淀川からエコでつながる阪神地域へ』これまで以上に大きく広げて行きたいと考えています。現在、河川敷や臨海公園での菜の花栽培、新技術・酵素触媒法によるバイオ燃料製造と地域バスでの使用が実施に向けて進行しています。また今後、誰でも先生―誰でも生徒-環境学習プロジェクト、環境技術でまちづくりプロジェクト、地域コミュニティーを活用した発電事業など参加者の頭の中にある構想を時間をかけ、みんなで楽しみながら具現化して行きます。環境貢献部門社会貢献部門地域貢献部門ステークホルダーとの共同実施部門ぴりり部門人づくり部門公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013-45-