CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 59/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている59ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
萬世リサイクルシステムズ株式会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容萬世リサイクルシステムズ株式会社藤枝慎治担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯設立資本金神奈川県横浜市....

萬世リサイクルシステムズ株式会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容萬世リサイクルシステムズ株式会社藤枝慎治担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯設立資本金神奈川県横浜市金沢区鳥浜町17番地3当社は創業以来NPO法人「Reライフスタイル」(理事長当社代表取締役藤枝慎治)を通じ、ペットボトルキャップを回収・リサイクル対価で世界の子供たちにワクチンを贈り届けています。「キャップは石油由来の資源だから再製品化できる」産業廃棄物中間処理施設を経営する当社のCSR活動は、顧客へストーリー性のある提案を行い実施されました。波及効果・メリット2つのプロジェクトを通じて、3つの社会貢献を行うことが出来ました。1廃棄物及びCO2排出量削減:これまで埋立や単純焼却されていたスーツケース・衣類を燃料へリサイクル及び内モンゴル地区への植樹、リサイクル燃料製造過程におけるカーボンオフセットの実施2教育活動:植樹現地の小中学生への環境教育、リメイクにおける若手クリエーターの育成支援3被災地支援:リサイクル、リメイク衣類の売上寄付、東北大震災被災地地産クレジットの活用感想・今後の取り組み2001年3月8,000万円産業廃棄物のプラントによる再資源化事業廃棄物を再資源化した木製チップ及び固形燃料(廃プラスチック由来フラフ燃料及びRPF)の販売、廃棄物一元管理・CSRに関するコンサルティング代表取締役藤枝慎治萬世リサイクルシステムズは、いかに排出事業者を巻き込んだ仕事をできるかということを軸に、ストーリー性があるわかりやすい協働事業を提案したことで、廃棄物処理業者として新たなCSR活動の取組をしめすことができたと考えております。今後も産業廃棄物処理業界でクリエイティブな提案を発信、実施・実行することでこれまでにない新しい領域に向けて「CSR+業務の一体化」を目指していきます。ご当地CSR活動部門コンプライアンス部門環境貢献部門社会貢献部門地域貢献部門ステークホルダーとの共同実施部門ぴりり部門人づくり部門公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013-57-