CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 66/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている66ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
ぴりり部門ぴりり部門全国青年部協議会会長賞『みんな森をつくろう!』プロジェクト取り組み概要Project Summary平成24年に自社山林に「山枯れ」の症状がでたため、健康な山を取り戻すべく木を伐採した。伐採した木....

ぴりり部門ぴりり部門全国青年部協議会会長賞『みんな森をつくろう!』プロジェクト取り組み概要Project Summary平成24年に自社山林に「山枯れ」の症状がでたため、健康な山を取り戻すべく木を伐採した。伐採した木は、自社工場にて破砕し堆肥化をした。苗木を植えて山を活性化しようという事に決まり、従業員のご家族や、日ごろお世話になっているお取引業者様を招待して植林作業を一緒に行った。子供さんたちも安全に作業できるように、仕事の合間をみて、手の空いたものが積極的に遊歩道を作った。メープルとメタセコイヤの苗木を約100本植樹。自分たちで植樹した木にはネームプレートを付け、「自分の木」という思いを強くしてもらった。そして森の愛称を募集し、決まった愛称を木で作った看板に子供さんたちでペイントしてもらった。そして今年度も、6月1日に皆さんをご招待して山や、苗木の手入れを行っていただいた。昨年より参加者が多く、とても賑やかなイベントとなった。この事業は継続事業として山の整備を続けて、木の成長をみんなで見守っていきたいと思っている。取り組み概要図Project Diagram「山枯れ」発生<植林の様子><名づけ>伐採・堆肥化地域一体の植林取り組みによる効果Project Outcome取り組み費用40万円取り組み期間平成24年3月より継続中-64-公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013