CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 67/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている67ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
山興緑化有限会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容山興緑化有限会社河村健司広島県府中市高木町502-10担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯設立資本金島根県内のあちこちで「....

山興緑化有限会社企業プロフィールCompany’s Profile名称代表者所在地事業内容山興緑化有限会社河村健司広島県府中市高木町502-10担当者からのコメントComment取り組み実施の経緯設立資本金島根県内のあちこちで「山枯れ」の症状が多く見かけられるようになった。健康な山が増えることを願い、「山のリセット」を推進しています。そんな折、弊社敷地内の山林も「山枯れ」の症状が見え始めた為、社内組織である「エコアクション21実行委員会」と互助会「みどり会」の合同プロジェクトとして平成24年3月より着手しました。波及効果・メリット社内組織も発足して5年目となり、毎月開催している実行委員会においても当初に比べると意見もしっかり出るようになってきた。組織としてだいぶ機能してきていると思う。特に会社全体及び社員の家族のエコに関する意識はかなり高いものになっていると自負している。今後も実行委員会の委員が率先して、全社員が一丸となり、できることからコツコツと積み上げていってほしい。感想・今後の取り組み昭和52年4月1日4,000万円バーク堆肥製造販売・産業廃棄物処理業・一般廃棄物処理業・産業廃棄物収集運搬業・製紙用チップ製造販売・山林抜開山興緑化㈲河村健司社長事業母体として、「エコアクション21実行委員会」を毎月開催し、様々な提案や討論を行っている。「恵みの森事業」もこの活動の中で生まれた。弊社が行っている継続的活動として他にも、8年連続で行っている「稚アユの放流」事業がある。そして昨年新たに始めた事業がこの度ご評価いただいた「恵みの森事業」である。今年は更に、花の苗100本も用意した。弊社で製造している混合用土を使って、プランターに植えていただき構内にたくさん配置した。山に木を植えたり、花をたくさん植えたりと、普段できないことを体験させてあげられるというのもCSR活動の醍醐味であると思っている。また今年は、機械のデモを行なったり、普段近くで見られない重機やトラックの展示も行い、ご家族に好評を得た。来年も楽しい企画をして、我々も楽しみつつ、環境や地域社会に貢献していきたいと思っている。ご当地CSR活動部門コンプライアンス部門環境貢献部門社会貢献部門地域貢献部門ステークホルダーとの共同実施部門ぴりり部門人づくり部門公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013-65-