CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 70/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている70ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
人づくり部門人づくり部門審査委員長賞障害者職場実習ステップアップモデル事業取り組み概要Project Summary弊社は大規模ショッピングモールのゴミの処理を一括して引き受けている。ショッピングモールと共同で、障....

人づくり部門人づくり部門審査委員長賞障害者職場実習ステップアップモデル事業取り組み概要Project Summary弊社は大規模ショッピングモールのゴミの処理を一括して引き受けている。ショッピングモールと共同で、障害者職場実習ステップアップモデル事業があり、障害者の方々は企業で働く体験を、また企業側は障害者雇用を考えるきっかけとして提案された為、大変良い機会と思い導入した経緯である。プロジェクト内容は、ショッピングモールのゴミ集積所にて、各テナントから出されるゴミの分別、段ボールの仕分け、そして計量の仕事等を3日間体験して頂いた。仕事を通じて人とのコミュニケーションの大事さ、分別の大事さ、更には仕事の楽しさ等体感頂いた。弊社も障害者雇用を考えるきっかけを頂き、一緒に働く従業員にとっても大変貴重な体験となり、雇用した場合の弊社中間処理工場の職場環境の現状把握と安全な環境創り、更には障害者雇用、高齢者雇用等、社会貢献の一環として、課題定義し挑戦している最中である取り組み概要図Project Diagramショッピングモールのゴミ集積所なので、多種多様なゴミが搬入されてくる。適切な分別が出来ているか、分別出来ていない時はゴミを開けて分別したり、ゴミの場所を指示したりした。段ボールが多く出る為、それを上手に積み上げないと、限られたスペースに保管が出来ない。小さいのから大きいのまで、分解して組み合わせて、綺麗に山積みする体験をした。ゴミの計量を行い、重さを記録する、集計する作業を体験して頂いた。集計の大変さと、記録の正確さ、大事さを体感して頂いた。仕事を行う楽しさと、覚えて実行する楽しさと、任されて出来た時の達成感と、皆がそれぞれの仕事で経験している当たり前の事が喜びに変わる、その仕事を継続できる、次のステップに挑戦する、そんな体験を一緒に出来た事が、良い体験であり、弊社スタッフの貴重な教育の一環になった事が、弊社の財産になったと実感した。これを弊社の別の事業場で、どう活かせるかが課題であり、挑戦する課題である。雇用の創出障害者取り組みによる効果Project Outcomeごみの処理企業で働く経験企業取り組み費用0万円取り組み期間3日間-68-公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management AssociationsCSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013