CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~

CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ page 72/94

電子ブックを開く

このページは CSR2プロジェクト報告書 ~みんなで相乗効果を高めるプロジェクト~ の電子ブックに掲載されている72ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
人づくり部門人づくり部門全国連合会会長賞子供に笑顔を!応援プロジェクト(子育てサポート支援)取り組み概要Project Summary女性従業員の一人ひとりの家族状況や子育て状況などの個々の事情に応じて、勤務時間等....

人づくり部門人づくり部門全国連合会会長賞子供に笑顔を!応援プロジェクト(子育てサポート支援)取り組み概要Project Summary女性従業員の一人ひとりの家族状況や子育て状況などの個々の事情に応じて、勤務時間等の労働条件を変更するなど、安心して働け、子育てしやすい環境づくりに努めてきました。現在、30代から40代の女性4人が子育て中で、そろぞれお子さんの年齢や家族構成は違いますが、保育園や学童保育への送迎など、女性従業員の家庭環境や子育て事情に応じて、勤務時間の短縮や出退勤時刻の変更を認めて、継続して勤務できるよう配慮しています。少子高齢化が今後も進展する中で、社会全体で未来を担う子供たちを育成する必要性が増してきています。弊社も一企業として未来の地域の担い手育成のため微力ながら貢献したいとの思いでこの取組みを始めました。取り組み概要図Project Diagram会社家庭社訓「企業の根幹は人づくり」↓安心して、長く、働きやすい職場環境づくり↓・勤務時間の短縮・出退勤時刻の変更(女性従業員の家庭環境や子育て事情に応じて)子育て中の女性従業員子供に笑顔のある幸せな家庭↓パートナーや家族の理解と支え↓仕事に安心して専念「弊社のCSRは、自然体でないと続かない」がモットー日頃の企業活動をきちんと行う中で自ずと果たすことができるもの取り組みによる効果Project Outcome-70-取り組み費用0万円公益社団法人全国産業廃棄物連合会National Federation of industrial Waste Management Associations取り組み期間2006年6月(子育て中の女性社員の採用時)から継続中CSR2プロジェクト報告書CSR2 Project Report 2013