ブックタイトル第9回CSR2プロジェクト報告書

ページ
20/56

このページは 第9回CSR2プロジェクト報告書 の電子ブックに掲載されている20ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

第9回CSR2プロジェクト報告書

環境貢献部門動脈物流と静脈物流の一体化の継続製品配送時に帰り便を使用した廃材回収を行うことによる運搬効率の向上とCO2排出抑制環境貢献部門?取り組み概要Project Summary・帰り便実績2008年5月~2014年6月25日1,115現場対応いただきました。?※製品搬入ゼネコン及び施工業様にご理解いただいております。??・新人研修プログラムとして、2013年以降、5人が日野自動車での省燃費運転講習に参加しています。全社員には月々まとめた個人燃費グラフを参考に、省燃費運転の効果を従業員に報告、説明しています。?取り組み概要図Project Diagramお客様?E・V・Aボードを配達?建設業?製造業?流通業?●運搬効率の向上●CO2排出量の削減?●燃料使用量の削減●運搬コストの低減?木質廃棄物を積んで戻る?東京ボード工業?横浜エコロジー?製品帰り便システム?取り組みによる効果Project Outcome取り組み費用0?円CO2マイナスプロジェクト受賞?取り組み期間E・V・Aボードを建築現場に配送し、その現場から原材料となる木質廃棄物を回収することで、1台で2台分の作業が行え、運搬効率の向上、並びにCO2排出抑制の面から環境への負荷低減につながり、トータル運搬コストも抑えられます。?2008年5月2日~?継続中?--‐18--‐公益社団法人全国産業廃棄物連合会Na