ブックタイトル第9回CSR2プロジェクト報告書

ページ
7/56

このページは 第9回CSR2プロジェクト報告書 の電子ブックに掲載されている7ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

第9回CSR2プロジェクト報告書

トップメッセ―ジご挨拶“CSR2プロジェクト~”継承と進化~に寄せて近時、産業廃棄物処理業界を取り巻く環境を見ますと、東日本大震災をはじめとする災害を教訓として、災害廃棄物を円滑かつ迅速に処理するため、廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び災害対策基本法の一部を改正する法律が7月に可決、成立しました。この改正により災害廃棄物処理における産業廃棄物処理事業者の役割がより明確になり、今後は、地域ブロック、地方自治体における災害廃棄物に関係する計画作りが進む中で、産業廃棄物処理業界の技術、経験を活かしていくことが重要になります。?また、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでは「スポーツを通じた持続可能な社会づくり」が提唱され「廃棄物から資源へ」が位置づけられています。このことは産業廃棄物処理業界も循環型産業への流れを拡大していく絶好の機会を得たといえるものです。?一方、連合会では平成19年度に策定した「地球温暖化対策環境自主行動計画」の次期計画である「低炭素社会実行計画」を5月に策定し、取り組みを継続することとしています。?このような状況下にあって、次代を担う青年部の皆様が取り組みを続けてきたCO2マイナスプロジェクトや4年目を迎えたCSR???????????????????公益社団法人全国産業廃棄物連合会Na