• HOME
  • CSR2プロジェクト 継承と進化
  • 導入と背景

導入と背景

これまでの活動

京都議定書目標達成計画(2005年4月閣議決定)をうけ、全国産業廃棄物連合会でも自主行動計画を設定
これにより青年部CO2マイナスプロジェクトの始動

【写真】
2007年
CO2マイナスプロジェクト始動
2009年
CO2マイナスプロジェクトの活動報告(表彰)
(第7回全国大会横浜大会)
2010年
CSR2プロジェクト始動
2012年
CSR2プロジェクトの活動報告(表彰)
(第8回全国大会岡山大会)
2013年
『CSR2プロジェクトの継承と進化』始動
第三次循環型社会形成推進基本計画(H25/5/30閣議決定)及び環境教育等促進法からも環境教育の重要度が盛り込まれている。
このページの上へ

テーマ

1. 環境教育

環境教育とは、「環境や環境問題に関心・知識をもち、人間活動と環境とのかかわりについての総合的な理解と認識にたって、環境の保全に配慮した望ましい働き掛けのできる技能や思考力、判断力を身に付け、持続可能な社会の構築を目指してよりよい環境の創造活動に主体的に参加し、環境への責任ある行動をとることができる態度を育成すること」です。

2. BCP(事業継続計画:Business continuity planning )

BCPとは、自然災害・テロ・火災等の緊急時にも、事業を継続・早期復旧する為に企業が取り組む「事業継続計画」(Business Continuity Plan)のことであり、企業防災の核となるものです。
どのような緊急時に遭遇しても重要業務を中断させないという事業継続の取組むことは、「顧客の他社への流出」「マーケットシェアの低下」「企業評価の低下」等から守るというその企業自身のメリットだけでなく、取引による連鎖的な影響も少なくなり、災害の間接的被害額を減らすことができます。

3. 労働安全衛生

労働安全衛生法で定める労働災害防止のための措置を徹底するとともに、快適な職場環境の実現と労働条件の改善を通じて、職場における労働者の安全と健康を確保しなければなりません。

4. 優良認定

通常の許可基準よりも厳しい基準をクリアした優良な産廃処理業者を、都道府県・政令市が審査して認定する制度です。

このページの上へ